THE有頂天ホテル      鬼才三谷幸喜の大ヒット作 - Kenjis Movie Review
2341
post-template-default,single,single-post,postid-2341,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

THE有頂天ホテル      鬼才三谷幸喜の大ヒット作

現在、三谷監督の「記憶にございません(中井貴一主演)」が大ヒット中ですが、これは2006年の映画で、これも大ヒットになった映画ですよね。三谷幸喜監督で脚本も兼ねています。ふーん、どういう風に言えばいいのか。ホテルにおける大晦日の群集ドラマです。コメディですよね。役所広司、佐藤浩市、松たか子、篠原涼子、香取慎吾、戸田恵子、原田美枝子、西田敏行、you、オダギリジョーと、実力派スターが勢ぞろい。
いなくなってしまったアヒルを探すのに、従業員(戸田)が、持ち主にアヒルの容貌を聞くシーン。これ笑うべきシーンなんだと気付いて、慌てて愛想笑いをしました。これで笑いを取ろうと言う映画なら、全編ハチャメチャのスプラスティクコメディにすれば良かったのにと思いました。ところが、かなりモラル的な、しんみりしたドラマがはさまれています。役所や佐藤のドラマなど。群集ドラマは監督の采配がものを言います。それは問題無し。テンポもだれることなく快調。では楽しめたコメディかと言うと、イエスとは言えないんです、残念ながら。ベストパーフォーマンスは、アヒルということにしておきます。首に巻かれたハンカチのようなものを解こうとして熱演!
                                                     60点

No Comments

Post A Comment