HOME 愛しの座敷わらし    心温まる作品 - Kenjis Movie Review
4269
post-template-default,single,single-post,postid-4269,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

HOME 愛しの座敷わらし    心温まる作品

東北地方で古くから言い伝えられている座敷わらしを中心に、家族の絆の再生を描いた一種のファンタジーもの。盛岡に左遷になった水谷豊ファミリーは、予算の理由で大きな民家をレンタルするんですね。そこには、座敷わらしが住んでいて、前半は、座敷わらしのいたずらでいろいろと頭をかしげるような事が起き、ある時は手鏡に座敷わらしの少女が映っていて、突っ張り娘がギャッと悲鳴をあげたりしますが、ホラーではありません。後半は家族が座敷わらしのことを理解し、交流が生まれるというプロット。ま、娘がいい子に変貌したり、母親(草笛光子)がボケ始めたり、妻(安田成美)との愛情が深まったりなどというのは定石通りですが。息子の少年(濱田龍臣)と座敷わらしの少女がとてもいいです。が、この映画の最高殊勲賞は、水谷豊。「相棒」のファンでもないので、名前しか知らない俳優でしたが、素晴らしい。一本の映画で、コメディとシリアス演技の両方を要求される役というのは、とても難しいのですが、絶妙なバランス。だから少しおかしいシーンにはクスっと笑えたし、シリアスなシーンは胸に響きました。
エンディングも、支社での成功で東京の本社からまたお呼びがかかるのですが、多分辞表を叩きつけ、盛岡に残るだろうなと思っていたんですが、一家で東京に帰ることになるんですね。嬉しい予想ハズレでした。
                   75点

No Comments

Post A Comment