1917命をかけた伝令   1917 ワンカットってマジかよ

1917命をかけた伝令   1917 ワンカットってマジかよ

ワンカットの映画というのが宣伝文句で、そんなこと不可能じゃんと思い、そればかりに気をとられ、おかげで映画に集中出来なかったです。肉眼でも、2つカットがありました。主人公が敵を射殺しブラックアウトになるところと、川に流され滝に落ちたところ。
後で、製作ノートをチェックすると、そうではなく編集でワンカットに見えるよう技巧したとのこと。なんじゃい。なんでだろう。そんな小賢しい宣伝文句をくっつける必要のない映画なのに。メイキングを見ると、それにより観客が主人公と同化し臨場感がとかなんとか説明していました、そんな感覚はみじんも無かったです。
監督はサム・メンデス。ケイト・ウィンスレットの元ダンで、「アメリカン・ビューティ」ですでにオスカー(監督賞)をゲットし、「007スカイフォール」も見事な監督ぶり。
第一次大戦下、多くの命がかかっている伝令を届けるため、走り続ける若者のストーリーです。
戦禍の女性と赤ちゃんとのシーンは、ふんふんここは若者のヒューマニティを示すための定石の場面とシニカルな気持ちで観ていました。こういう映画は、もし感動の一巨編なら、うまくこれまでのドラマを積みあげ、ラスト、責任者を右往左往して見つけ出し伝令を渡した時、効果的なバックミュージックと共に、観客は滂沱の涙を流している筈ですが、一滴も涙は流れなかったです。ただ、良い映画、普通の映画、悪い映画に分類すると、もちろん良い映画です。
今年のオスカーでは、作品賞でこれか「パラサイト」かと下馬評にあがっていましたが、ま、個人的な好みかも知れませんが、 「パラサイト」の方が断然上。
                           75点

Post a Comment