霧の旗  山田洋次監督と倍賞千恵子の初期のコラボ作品

霧の旗  山田洋次監督と倍賞千恵子の初期のコラボ作品

山田洋次監督といえば、もちろん渥美清の寅さんシリーズ。倍賞千恵子といえば、寅さんの妹役さくら。勿論二人ともそれ以外に、いい作品をたくさん撮っていますが、寅さんのシリーズが始まる前にコラボ作品があります。「下町の太陽」とこの「霧の旗」です。
松本清張原作で、少女の復讐劇です。熊本に住む兄妹。兄が冤罪で逮捕され、妹の倍賞は、高名な弁護士(滝沢修)に依頼しようと東京へ出てきます。が、高い料金を払えないことで門前払いをくうんですね。兄は死刑を言い渡されて、控訴中に獄死。ここから倍賞のリベンジがスタートです。弁護士は、東京に出て来てあるバーで働く倍賞と再会。ここの部分ちょっとややこしいんですが、弁護士の恋人(新珠三千代)と、倍賞の同僚(市原悦子)は同じボーイフレンド(川津祐介)を持ち、怪しんだ同僚が、倍賞に偵察するよう頼み、ある夜川津が先に新珠が後から同じ家に入っていくのを目撃。ところがすぐ新珠は血相を変えて飛び出して来て、倍賞と正面衝突。倍賞の手を掴み、家へ連れ込み、川津の死体の前で、私がやったんじゃない
と叫びます。証人になってもいいと告げると新珠は逃げるようにその場から。後に残った倍賞は玄関に新珠の手袋が落ちているのに気づき、それを拾うと死体の側に残し、真犯人のものだろうと思われるライターを拾うとそれを持ち去るんですね。
新珠は逮捕。彼女のために奔走する弁護士は倍賞に証人になってもらうよう懇願しますが、倍賞はそのような女性に会ったことはないと拒否します。弁護士は諦めず、倍賞に頼むのですが、もう一つのリベンジが。新珠のためにまとい付く弁護士を自身の部屋に招き、合意の上なのに、レイプされたと訴えるんです。
逆恨みもいいとこのリベンジですが、倍賞の好演で兄を思う一途な妹の怒りがよく分かり、最後まで疑問も持たず観れます。終わってからですね。え、新珠は殺人罪で刑務所行き?弁護士もレイプの罪で逮捕?ちょっとちょっと、これはひどいんじゃないと思うのは。
最後は、ライターをどこに捨てるべきか、倍賞は各地を回るんですが、船の上から海に捨てます。そんな苦労をしないで、ハンマーで粉々にして分散してゴミ箱に捨てればいいのにと思いましたが。でもそうなると、情緒が全くなくなりますよね。よって取り消し。
山口百恵版やテレビでも何度もリメイクされていますが、この倍賞版がベストだと思います、
倍賞の妹は、倍賞美津子。姉妹で芸能界にデビューする例は多いですが、唯一二人共が大スターになった稀なケースでは。倍賞美津子さんにインタビューした際、「デビュー以来ずっと、姉の反対側を行けばいいといつも思ってきました」というコメントが印象的でした。

                                                  75点

Post a Comment