関ヶ原 ウィークポイントは有村架純

関ヶ原 ウィークポイントは有村架純

 関ヶ原の戦いは、もちろん日本史の授業で学びました。豊臣秀吉の死後、豊臣側の石田三成対徳川家康の権力の戦い。天下分け目の戦いという言葉も。それを描いた司馬遼太郎の歴史小説「関ヶ原」を元に、多才な原田眞人監督が映画化。色々なジャンルの映画を作っている監督ですが、史劇は初めてではないでしょうか。

当時の武将の私利私欲がぶつかり、結局、徳川家康が天下を取り、主役の石田三成は死刑という物語。正直言って、頭の中で、誰がどっち側で、誰が裏切り、誰が得をしたのかなどの、整理がつかなかったです。ただ、役所広司演じる家康の狡猾さは際立っており、若手トップスターの競演の中、

存在感という点で、平岳大(平幹二朗と佐久間良子の息子)が強い印象を残します。メークのせいかもしれませんが。石田三成を演じる岡田准一も押さえた演技で好調。監督ならではの斬新なカットもあります。

映画のウイークポイントは、有村架純。NHKの朝ドラ「あまちゃん」でブレイクし、紅白歌合戦では2年続けて紅組の司会という重職をこなし大注目の若手トップ女優。石田三成を慕うくノ一、女忍者の役ですが、忍者にしてはアクションが硬い。そして致命的なのがハイライトの一つであるラストシーン。手を後ろ手に縛られ、馬で刑場に向かう三成を道端で待つ女忍者。目と目が会い、心と心で愛を確認したのもつかの間、愛する人を刑場に送らなければならない。つまり歓喜と悲痛を同時に表現しなければならない訳です。こんなことを言うとファンからは袋叩きにあいそうですが、全編監督に言われて一生懸命に演技する高校生という感じでした。それではだれが演れるかと言われれば、今は岡田夫人におさまった宮崎あおいあたりではないでしょうか。

                                 70点

 

Post a Comment