華岡青洲の妻 2大名女優が火花を散らした文芸作 - Kenjis Movie Review
5574
post-template-default,single,single-post,postid-5574,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

華岡青洲の妻 2大名女優が火花を散らした文芸作

 

 

華岡青洲は実在の人間で、世界で初めて全身麻酔を用いた手術をしたことで有名です。効果のある麻酔を作るため、最初は動物をモロモットにして試行錯誤しますが、次の段階として人間での実験が必要となり、母(高峰秀子)と妻(若尾文子)が競うように志願するんですね。それがメインのドラマ。妻の人体実験で麻酔は完成しますが、結果妻は失明という悲劇が。青州は市川雷蔵。見所は何と言っても、高峰と若尾のぶつかり合い。京都へ医者として研鑽中のため主人不在で、高峰に憧れて嫁いできた若尾ですが、青洲が帰って来ると嫁と姑の関係が一変し、女同士の戦いが始まるんですね。二人とも一歩も譲らない熱演。ただ、この映画では、二人を差し置いて雷蔵が主演賞をゲットしてるんです。強い的確な演技ですが、二人の名女優を凌いでいるとは思えない。漁夫の利と言えるのかもしれない。ただ最初から最後までの映画の流れを見ると、タイトルもそうですが、これは雷ちゃんでもデコちゃんでもない、若尾文子の映画だということがよく分かります。有吉佐和子の小説の映画化。監督は増村保造。白黒で1967年の作品。

     85点

 

No Comments

Post A Comment