殺しのドレス       Dressed to Kill 上出来の エロチックサスペンス - Kenjis Movie Review
4023
post-template-default,single,single-post,postid-4023,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

殺しのドレス       Dressed to Kill 上出来の エロチックサスペンス

ブライアン・デ・パルマ監督の作品です。リズミカルで流れるようなサスペンスものが得意で、お気に入りです。それから、なんと言ってもアンジー・デキンソンのお色気を再認識した映画ですね。1980年製作で、当時デキンソンは50代になっていましたが、オープニングのシャワーのシーンでは全裸になり美しいボディを披露しています。デキンソンは、玄人好みの女優と言えるのかな。日本人にはテレビの人気シリーズだった「女刑事ペッパー」で有名。ピンクレディの大ヒット曲「ペッパー警部」は、いろいろな説がありますが、ここからヒントを得たものと思います。
夫には満たされない欲求不満のデキンソンが、美術館で知り合った男性と彼の部屋で午後の情事を楽しんだ後、帰りのエレベーターの中で、乗り込んできた黒眼鏡の女に、カミソリでメッタ切りにされるのが始まりです。それを偶然目撃するのが売春婦(ナンシー・アレン)で、彼女とデキンソンの息子が協力し犯人探しをするのと、犯人にアレンが追われるのが主な筋書き。このエレベーターのシーンがショッキングで、ハイライトと言ってもいいほど。主役はアレン(当時はデ・パルマ夫人)ですが、この映画で実質的なヒロインは、出演シーンはとても短いのですが、やはりデキンソンでは。この映画を思い出すときに、すぐ浮かぶのはエレベーターのシーンである筈。ベテランのマイケル・ケインも頑張ってます。
最後は、この監督お得意のギャッと驚くショックシーンが用意されています。出世作となった、シシー・スペイシックの「キャリー」のように。
                       85点

No Comments

Post A Comment