極主夫道ザ・シネマ これコメディのつもり? - Kenjis Movie Review
6110
post-template-default,single,single-post,postid-6110,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

極主夫道ザ・シネマ これコメディのつもり?

漫画がオリジナルで、テレビドラマがヒットして、劇場映画が作られたんですね。漫画もテレビも全然無知で、この映画しか知らないんですが。それも飛行機の機内で見たシロモノです。ヤクザだった人間がカタギの女性と結婚し、主夫をし、悪徳不動産が幼稚園を買収しようとするのを防ごうとするドラマ。監督も脚本家も、柄の悪い関西弁を、男も女も怒鳴り散らしていれば、笑いを取れると思ってるんでしょう。監督は一体何者だと思い調べてみると、劇場版おっさんずラブと同監督でした。なるほど。時間のある方は、それをREVIEWしてますので参照してください。唯一のマルは、主演の玉木宏。ヤーさん上がりというのがきっちりと出ていました。ただ昔から言われてるんですよ。日本の男優がサマになる役、誰が演じてもピタリと決まる役。それはヤクザだそうです。それでは、女優はというと、女郎だそうです。こんな言葉若い人には分からないかもですね。平たく言うと、売春婦です。私が言ったんじゃないっすよ。ベテランの演技派、竹中直人も吉田鋼太郎もつまらない。
50点

No Comments

Post A Comment