楢山節考巨匠木下恵介監督作品(1958) - Kenjis Movie Review
5260
post-template-default,single,single-post,postid-5260,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

楢山節考巨匠木下恵介監督作品(1958)

前に、本当は怖い童話というのが流行りましたが、これは本当は怖い民話なのかなと思ったりしました。怖い民話いうより、哀しい民話という方がピッタリくるのかもしれない。深沢七郎の衝撃的な小説「楢山節考」の映画化。本は恥ずかしながら未読なので、あれこれ言えないのですが、映画で見る限り、見終わった後、内容にも関わらずポエジーを感じられ感動しました。ある小さな貧しい村には、掟があって、70歳になると、楢山へ捨てられてしまうんですね。70歳になったおりん婆さんの話です。全てセットで、まるで舞台劇のような構成。語り部に邦楽を使っっているのも効果的。おりんを演じる、田中絹代が素晴らしいです。全てを許容し、淡々と楢山へ、息子に背負われ行く姿は感動的です。息子役の高橋貞二、その妻に望月優子、ともに好演。よって、親子の情愛も実感できます。映画は、おりん婆さんとは対照的な、生に執着し楢山行きを拒否する男の老人も描きますが、死を静かに受け入れる老人、生に固執する老人、どちらもマルだと思いました。
      85点

No Comments

Post A Comment