楢山節考カンヌの最高賞を取った今村昌平監督作品 - Kenjis Movie Review
5298
post-template-default,single,single-post,postid-5298,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

楢山節考カンヌの最高賞を取った今村昌平監督作品

木下恵介作品と比べて、非常にリアルというか、とても生々しい楢山節考です。70歳になった老人たちは、姨捨山に捨てるという因習がある村に住む人間模様。監督はじっくり時間をかけ、四季の移ろいの中で、生と死のストーリーを綴ります。特にフォーカスしているのは性の営み。人間だけではなく、自然界の動物や植物のそれもとらえているんですね。田中絹代と高橋貞二が親子だった前作。ここでは坂本スミ子と緒形拳が親子です。おスミさんのおりん婆さんは、まだまだいけますという印象が強いです。セクシーでフェロモンだって出てますよ。平たくいうと、若々しくて姨捨山行きってマジかよと思っちゃうんですね。腰を曲げての婆さん演技に懸命ですが。もちろん、おスミさん、緒方を初めとして、倍賞美津子、あき竹城、清川虹子、常田富士男など全員が熱演。それとラストの姨捨山への親子の道行きは長く、山や峠をこえてデイテールに撮られているので、見ていて、苦行というのが実感できます。個人的には、姨捨がメインというよりも、森羅万象の営みを(死を含めて)カバーした、スケールの大きさを感じます。おスミさんは、監督のリクエストにこたえて、2本の前歯を抜いたそうですが、それは必要だったのかと思ったりします。監督のエゴではないかと。木下版、今村版、どちらも秀作ですが、好みとしては、残酷で哀しい民話を、一つのポエジーとして画面に刻みつけた木下版です。
                 80点

No Comments

Post A Comment