愛と追憶の日々Terms Of Endearmentシャーリー・マックレーンがついにオスカーをゲット! - Kenjis Movie Review
5057
post-template-default,single,single-post,postid-5057,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

愛と追憶の日々Terms Of Endearmentシャーリー・マックレーンがついにオスカーをゲット!

ベテラン名優シャーリー・マックレーンは何度も何度もオスカーにノミーネートされたものの、なかなか幸運の女神が彼女の上で微笑まなかったんですね。これは彼女がついにオスカーを手中にした記念すべき作品。壇上に上がったマックレーンは、とてもナーバスですと前置きして、「長い間、オスカーを手にしてこの壇上に立った時、私はどういう気持ちになるんだろうと思い続けた来たわ」とコメントし、最後にはひょうきんに「私はこのオスカーを貰って当然よ」と言い、皆んなを笑わせました。感無量だったと思います。エキセントリックな母親と頑固な娘の愛情の歴史を、ユーモアをアクセントにして綴ったドラマ。母親がマックレーンで娘はデボラ・ウインガー。ともに甲乙をつけがたい素晴らしい演技。ウインガーもノミネートされていましたが。幸せな結婚生活とは言えないウインガーが難病に倒れ、映画は急きょシリアスな涙のトーンに変わります。一番心に響いたシーンは、病院へ見舞うマックレーンが、ウインガーについて批判的なコメントをしたウインガーの息子を平手打ちし、そして抱きしめるシーンです。平手打ちは本気なのが明瞭で、母親の娘への強い愛情と、息子の孤独がくっきりと浮かび上がります。ウインガーが逝き、葬式も終え、それぞれが、一種の安堵を取り戻すラストシーンもほのぼのといい感じです。隣に引っ越してきてマックレーンと関係を持つ中年男が、ジャック・ニコルソン。中年のラブアフェアは大いに笑わせてくれます。ニコルソンはこれでスカーの助演賞を取りました。
             80点

No Comments

Post A Comment