忍びの者  市川雷蔵ヒットシリーズの第一弾 - Kenjis Movie Review
4605
post-template-default,single,single-post,postid-4605,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

忍びの者  市川雷蔵ヒットシリーズの第一弾

36才という若さで早逝した日本映画の大スター、市川雷蔵。今でも雷蔵ファンは絶えません。大映時代、勝新太郎と人気を二分しました。勝新が座頭市のヒットシリーズを持ったように、雷蔵も眠狂四郎シリーズが超有名ですが、他にも色々あります。忍びの者もその一つ。第一弾は、監督が後に骨太の社会派映画で巨匠になった山本薩夫なので、面白くない訳がない。
1962年の作品なので、もちろん特撮もなく、忍者のアクションも手作りという感じがします。笑ったのは、忍者の歩き方で、競歩のような感じでサッサッと歩くんですね。馬鹿にした笑いじゃないっすよ。ほのぼのとした笑いです。
それでも最後の方の、織田信長が伊賀忍者の住処を襲撃するシーンは迫力がありました。本当!
それから忍者合戦の映画と思っていたんですが、石川五右衛門の話なんですね。五右衛門風呂で有名な奴ですね。
五右衛門のマスターが伊藤雄之助で、怪優が怪演です。遊女で後で妻になるのが藤村志保。
雷蔵という人は、普段の写真などでは(特にメガネをかけていると)、やさしそうな普通のおっさんという感じですが、いざスクリーン上に現れると、まるっきり2枚目になっちゃうんですね。カメラに愛された顔というのかな。それと、声がいいです。ソフトで艶のある声というのかな。
                    70点

No Comments

Post A Comment