映画ジャーナリスト・坂井健二の映画批評ブログ:当ブログは、劇場、TV、DVD、あるいはYOUTUBEなどで観た映画を、新旧ごちゃ混ぜで、洋画一本、邦画一本を取り上げてレビューします。

修羅の群れ 松方弘樹の男の魅力が炸裂したヤクザ映画

 

 

 

実録ヤクザ映画だそうです。関東一円を牛耳る巨大組織となったヤクザの集団のプロセスを、男達のドラマで繋いだ映画。なんといっても松方弘樹のパワフルな存在感に圧倒されます。大きな顔に、大きな黒い眉、ギラギラと光る大きな目、それに口。こういう人物に顔を飛ばされたら震え上がりますね。素人だった松方が、自ら望んでヤクザの世界に入りトップにのし上がる姿を、義理、人情、品格のスパイスをふりかけ、快調なスペースでどんどん話が進み、あっという間に、見終えてしまいました。鶴田浩二、菅原文太、丹波哲郎、若山富三郎など錚々たるスターが共演。当時ライバル視された北大路欣也はここでは助演で、松方に花を持たせた感じですが、キリリと良心的(!)なヤクザを演じています。そうそう北島のサブちゃんもなかなかのヤクザぶり。ただ、松方を愛する酒井和歌子の女性のドラマが薄いかなと思いましたが、ま、ヤクザ映画だと仕方ないっすね。男達全員がピタッとハマったヤクザ演技。昔から言われているのは、日本の男優が一番サマになる役はヤクザ。それでは女優はと言うと、女郎だそうです。私が言ったんじゃないですよ。

     70点

 

 

最新情報をチェックしよう!