モンタナの目撃者Those Who Wish Me Deadアンジェリーナ・ジョリーの最新作 - Kenjis Movie Review
5441
post-template-default,single,single-post,postid-5441,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

モンタナの目撃者Those Who Wish Me Deadアンジェリーナ・ジョリーの最新作

男勝りの森林消防員がジョリー。一方で、会計士だったか弁護士だったか忘れましたが秘密を握った父親は、息子を連れて逃亡。送られた暗殺者2人に追われるんですね。父親は殺され、間一髪で逃げのびた少年を追う殺し屋たち。少年を助ける羽目になるのが、ジョリー。で、クライマックスは、大森林で大火災が発生し、それからも逃げなければならないジョリーと少年。そういう映画です。ディザスターサスペンスと言えるのかな。なんで、ジョリーはこの映画に出たんだろうと思いました。エンタメとしてもそう出来が良いとは思えない。最後の大火災から逃げるシーンも、近頃は目を見張るような特撮が自由自在じゃないですか。もう少しリアルな感じには出来なかったの思ったりしました。それと殺し屋の後ろには大きな悪の存在があることを示唆しますが、これには一切触れずじまい。こういうことを言うと、差別と非難されるかもですが、一番のハイライトは、ジョリーがシミーズだけになるシーン。去年、ジョリーが乳がんの因子が高いことから、両乳房を摘出したニュースは世界を駆けめぐりましが、シミーズになるシーンでは、新しい胸の感じがわかります。控えめな感じの胸でした。
         60点

No Comments

Post A Comment