マスカレード・ホテル  種明かしには?だけれど最後まで一気に観せる大ヒット作

マスカレード・ホテル  種明かしには?だけれど最後まで一気に観せる大ヒット作

 

 

 

木村拓哉主演の最新作。大ヒットとなりました。オープニングから、リズミカルなペースで映画は進みます。3つの殺人事件があり、現場には数字が残されているんです。それを解読すると、緯度と経度を表す数字であることがわかり、最初の殺人に残された数字は2番目の殺人現場を指し、2番目に残された数字は3番目の殺人現場を指し、それでは3番目に残され数字はどこだと調べると、マスカレード・ホテルが建っている場所なんですね。それで、すわ次はここで殺人事件が起きると色めき立って、キムタクをはじめとする警察の一行がホテルの従業員に化けて、殺人を防ごうとするサスペンスです。。

原作はぶっちぎれのベストセラー作家、東野圭吾の小説。この作家の小説の映画化は勢いが止まらないのでは。いつも映画的には消化不良という気がしますが、なんせ当たりますから。この映画もテンポよく一気にラストへ突っ走り、犯人が捕まるのですが、正直、えー、こんなのでいいの?と思いましたよ。こんなのでいいのなら、犯人というあみだくじを作り、ホテルの宿泊者全員に引かせ、犯人を当てた人に殺人の理由とストーリーをくっ付ければ一丁上がりじゃんと思いました。

ただ映画は監督、俳優などスタッフ全てがプロの仕事というか、最後までぶれません。音楽もよし、撮影もグッド(サスペンスに効果的な鏡の使い方もいい)。そして俳優もきびきびした演技で、観ていて爽快でした。べストパーフォーマンスは、主役のキムタクと長澤まさみ。長澤はビジン・ザ・ビジンじゃないですが、立ち位置も綺麗で、きびきびした演技です。キムタクを観てオッと思ったのは、陰影がにじんでいることです。解散後に主演したテレビの連続物(医療ドラマ)を観てショックを受けたのは、オーラがまったく無くなっていたことですが、この映画の前に撮った「検察側の罪人(二宮和也競演で、キムタクvsニノの演技対決は互角)」では一種の陰りが出ていて、キムタク変化しつつあるなと思いましたね。今回それがくっきりと身に付いたようです。解散後にはすっかり悪者にされ、苦悩の中に居たんでしょうね。陰影というのは付けようと思っても付けられるもんじゃないですよ。最近のエンタメ情報では、好感度が再び上向きになっているそうです。年齢的には正真正銘、中年のオッさん。ただしとびっきりハンサムな中年のオッさんキムタクは、今後日本映画界の主流の1人として活躍を続けるのではないでしょうか。

                                          75点

 

 

 

Post a Comment