スパイラル:ソウオールリセットSpiral From the Book of Sawソウシリーズの最新版 - Kenjis Movie Review
5400
post-template-default,single,single-post,postid-5400,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

スパイラル:ソウオールリセットSpiral From the Book of Sawソウシリーズの最新版

ホラーの人気シリーズ「ソウ(SAW)」の最新版。ソウを産み出したのはメルボルンに住んでいたアジア系のオージーの若者二人なんですよ。簡単なストーリーラインと、動画(捕まった人間が両手両足をしばられ、電流を通されてショック死するもの。見ましたが火花が散ってなかなか迫力がありました)をワーナー映画へ送りつけたんですね。これが気にいられソウが誕生した次第です。1と2は見てますが、それ以降は全く興味がなくなり見てないので、実際ナンバーいくつまであるのか知らないです。で、2021年にスピリットは受け継ぐものの、全てリセットしましたよの売りが最新版です。意外にシンプルなストーリーで、これまで何が何だか分からないけれど、殺され方だけはすごいというのが払拭され、道理にかなったサスペンスものになっています。最後にどんでん返しもあります。殺され方の残虐なのは変わってないですよ。特筆すべきなのが、主人公のポリスを演るクリス・ロック。言葉が機関銃のように出てくる威勢のいい黒人の兄ちゃんというイメージをくつがえし、ドラマチック演技は十分見応えがあります。だいたいコメディアンというのはシリアス演技もいけるんですね。逆も真なりとは言えないですが。エンディングは、続編をお楽しみにという作り。この頃多いっすね、こういう終わり方が。
          70点

No Comments

Post A Comment