クワイエットプレース2A Quiet Place2 1よりはましなホラー

クワイエットプレース2A Quiet Place2 1よりはましなホラー

1を見て、これが大ヒット中のホラーかいな。けっ、こんな訳の分からないホラーのどこがいいんだよと思いました。カマキリを超巨大化し、エイリアンの頭部をひっつけたようなモンスター。音を立てるとパクリと食われちゃうんですが、どこから来たんだよ、どうやって地球上に徘徊するようになったんだよ。ホラーだから荒唐無稽でもいいので、そのくらいの説明はしろよと思ったんです。多分そういうクレームが監督の耳に届いたのでしょうか、2のオープニングはその説明から入ります。第1日目というキャプションが付いて。でもですね、やっぱ1は映画としては不良品だと思います。なぜなら1が大ヒットしたため、2でその説明ができた訳ですが、もしヒットしなかったら、永久に分からずじまいですよね。前置きが長くなりましたが、2も世界中で大ヒット中です。1よりも締まった映画と言えるのかな。ペースもよく、モンスターとの戦いが繰りひろげられます。エミリー・ブラントとその子供たちの恐怖演技も、なかなかのものです。エンディングは尻切れとんぼですが、意図的で、この続きは3で見てくださいという終わり方。この映画で一番驚いたのは、制作、脚本、監督と3役を兼ねたのが、ジョン・クラシンスキー。ファミリーの夫役で、1で死んじゃう人です。そして彼はブラントのハズバンドなんです。確かテレビのシリーズも持ってる俳優ですが、俳優としてはブラントの方が格が上。でもこの2作で示した才能から、映画人としては、ブラントより上を行くのでは。
              75点

Post a Comment