ひばりのおしゃれ狂女      楽しめるリベンジ時代劇 - Kenjis Movie Review
4800
post-template-default,single,single-post,postid-4800,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

ひばりのおしゃれ狂女      楽しめるリベンジ時代劇

美空ひばりは、勿論日本歌謡史の女王。これは、これからも変わらない。そして女優としても、稀代の演技派とは言いませんが、プロだと思います。多くは,歌謡映画ですが、中には演技だけで勝負した作品もあります。「たけくらべ」とか「千姫と秀頼(中村錦之助共演)」とか。これも劇中歌いますが、ヒット曲ではなく鼻歌のようなものなので、歌手ではなく女優として主演した映画と言っていいのでは。江戸時代、豪商の父親の不審な死。その死体を見て、ひばりちゃんは発狂するんですね。あとは、綺麗な振袖の裾をひきづって、あっちへ行ったりこっちへ行ったりして、みんなからおしゃれ狂女と呼ばれます。これは芝居で、死の真相をつかもうと、狂女の振りをして探っているんです。そういう時代劇です。勿論最後には犯人を突き止め、仇討ちを果たします。綺麗な振袖姿のひばりちゃんは、とても可愛いですよ。共演は、当時の人気スター、高田浩吉とか渋目の2枚目水島道太郎、小林旭の奥さんの青山京子、ここまで書いて、これはひばりちゃんがまだアキラと結婚してないころで、将来アキラの奥さんとなる二人は、ここでつながっていたんだと、少し感慨深いものがあります。それに弟の香山武彦もでています。エンタメのリベンジ時代劇として及第点の作品。個人的には、ひばりちゃんのどの映画よりも、錦ちゃんが本当に愛した女性が、ひばりちゃんだったというドラマの方が胸に沁みます。なぜ愛は実らなかったのか。錦ちゃんの母親が大反対したからだそうです。
             70点

No Comments

Post A Comment