おとうと市川崑岸惠子コラボのベスト作品 - Kenjis Movie Review
5238
post-template-default,single,single-post,postid-5238,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

おとうと市川崑岸惠子コラボのベスト作品

市川崑監督のミューズが岸惠子だというのは有名です。二人がコラボしたものはかなりありますが、この映画がベストだと思います。原作は、幸田文の小説「おとうと」。父は、明治の文豪幸田露伴です。自伝的なストーリー。父親が作家(森雅之)。後妻の継母(田中絹代)。長女(岸惠子)とその弟(川口浩)という構成の経済的には豊かではない知識階級の家庭。親子の交流というものがなく、特に弟は継母とギクシャクとした関係。その家をとにかくまとめているのがしっかり者の姉。弟は非行に走り、と言っても、現代の眼で見れば、やんちゃをするという程度のものです。継母もモンスター・マザーインローというのではなく、ま、あまり暖かみは感じられないというレベルですね。焦点は姉と弟の愛情。これは岸の好演と川口の気負いのない演技で、実感できます。ハイライトは、ラストシーン。肺病で死亡した弟(病床の弟の動静を知るため、そばで寝る岸はお互いの手を紐で繋いでおくんですが、効果的)。涙も流さず、後を仕切るため気丈に振る舞うのですが、かえって深い悲しみが分かり感動的です。岸惠子さんにインタビューの際、「市川監督の前ではまな板の上の鯉になれます。そういう風に思える監督は少ないですよ」とコメント。川口浩さんにもテレビの仕事で来豪の際、インタビューさせて頂きましたが、何を聞いたのか、どんな感じだったのか全然覚えてないんですね。何故だろう。川口浩は、父親が昭和の文豪川口松太郎、母親名優三益愛子。サラブレッドで、大映時代、数多くの名作に出ています。
             80点

No Comments

Post A Comment