おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜  同じ脚本家の作品? - Kenjis Movie Review
4134
post-template-default,single,single-post,postid-4134,single-format-standard,bridge-core-3.0.3,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive

おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜  同じ脚本家の作品?

待望の劇場版、やっと観ることが出来ました。見終わってすぐ思ったのは、これテレビドラマを書いた同人物が手がけたホンなの?ということです。テレビと比べて段違いに落ちる。調べてみると、脚本も監督も同一人物でした。フーン、ですね。
田中圭と林遣都のファンというより、春たん牧のファンなので、退屈することなく最後まで観ることはできました。2箇所ぐらい大笑いしたシーンもあったのですが。
いい機会だと思い、テレビがなぜあんなに多くの人の心に響いたのか熟考(?)してみました。それで思いもかけなかった結論が出てきました。そうだ。テレビは、”千鶴ちゃんの哀しみ” がちゃんと描かれていた。だからテーマが 深さを増したのだと。映画はテレビが終わったところからスタートなので、それは不可能なんですが。
大きな開発計画をメインに、いわゆるどたばた喜劇が続くのですが、コメディ・スケッチを集めてきたような映画。オープニングから、突っ込めばエンドレスにボロが出てくるような作り。ハイライトのサウナでの5人の喧嘩も、不発。もう少し大胆な小競り合いでも良かったのでは。おとなしい悪ふざけ。
ま、でも、ガタガタいうのは止めましょう。田中も林も、吉田鋼太郎も、当たり役をテレビと同じく誠意を込めて演技してます。
もしパート2がある場合は、脚本家の徳尾浩司先生、どうかもっとましなホンをお願いしますよ!
                        60点

No Comments

Post A Comment