映画ジャーナリスト・坂井健二の映画批評ブログ:当ブログは、劇場、TV、DVD、あるいはYOUTUBEなどで観た映画を、新旧ごちゃ混ぜで、洋画一本、邦画一本を取り上げてレビューします。
CATEGORY

邦画

  • 2021年1月16日
  • 2021年1月16日

氷雪の門 太平洋戦争終了後に起きた若い女性たちの悲劇

南の沖縄で起きた若い女性たちの悲劇として、ひめゆりの塔が有名ですが、北の樺太で起きたのが氷雪の門です。違いは、ひめゆりの塔が戦争中に起きたのに対して、氷雪の門は戦争終了後、天皇の玉音放送で日本が敗北したことを告げられた後で、起きたことです。映画でも、 […]

  • 2021年1月2日

劇場 又吉直樹の2作目も映画化

「火花」で、お笑い芸人としては初の芥川賞を受賞し、一躍時の人となった又吉直樹。待望の2作目が「劇場」です。火花も映画化済みですが、劇場も映画化されました。本を読みましたが、えらい古臭い、あるいはレトロな物語だなと思ったのが感想。この年代の男女が同居す […]

  • 2020年12月24日
  • 2020年12月25日

赤線地帯巨匠溝口監督の遺作

若い人には赤線というのが何か分からないと思う。簡単に言えば風俗。昔は、公認の売春の場所があったんですね。だいたいオーナーとやり手の女将が、5〜6人の売春婦を抱えて商売をやってる訳です。そういうエリアを赤線地帯と呼んでいたんですね。1956年に売春防止 […]

  • 2020年12月15日
  • 2020年12月15日

月曜日のユカ加賀まりこという素材を使って監督が遊んだ作品

監督は中平康。加賀まりこ演じる月曜日のユカは、だれとでもやるがキッスだけは許さない。パパと呼ぶスポンサーが居て、アパートを与えられ養って貰っている。クラブで働いたり、若い恋人も居て、毎日を面白おかしく生きている。母親はオンリー、アメリカの兵隊さんの二 […]

  • 2020年12月4日
  • 2020年12月12日

望郷サンダンカン八番娼館大宅賞受賞作の映画化

作家は山崎朋子。からゆきさんの過酷な人生を追った感動作。からゆきさんとは娼婦として主に東アジアや東南アジア売られて行った女性のこと。作家山崎とおぼしき女性が旅行中の天草で出会った老女、おサキさんはかってからゆきさんだった女性。彼女の貧しい家に同居し、 […]

  • 2020年11月25日
  • 2020年12月2日

君の名は  空前の大ヒットとなったメロドラマ3部作

こちらも大ヒットとなったアニメの君の名はではないですよ。あれは、君の名は。と。が付くんですね。岸惠子、佐田啓二と美女美男のすれ違いが続く、一大メロドラマです。リアルタイムでは知らない映画なので、DVDを買って観ました。空襲下の東京の数寄屋橋で会った二 […]

  • 2020年11月17日
  • 2020年11月23日

関の弥太っぺ   中村錦之助の股旅人情編

中村錦之助はもっともっと評価されていい俳優だと思います。チャンバラ映画の大スターという以外にも。ガキの頃、東映城には、金ちゃん、大川橋蔵、東千代之介と3人の美剣士が居ましたが、ガキなりに最も仰ぎ見ていたのは金ちゃんです。今見ると、金ちゃんは、目鼻立ち […]

  • 2020年11月9日
  • 2020年12月2日

廓育ち     三田佳子が大女優の片鱗を見せる

原作は川野彰子の小説。早逝されたが夫は医者の川野純夫。妻と文芸仲間として親しかった田辺聖子と再婚し、田辺のエッセイに「かもかのオッチャン」として頻繁に登場するので有名。最初から話が脱線しましたが、このストーリーには、そんなバックグラウンドがあるんです […]

  • 2020年11月3日

バトル・ロワイヤル特別編   パンチの効いたバイオレンス・ファンタジー

バトル・ロワイヤルの映画はこれまでよく耳にしたんですが、ようやく観ることができました。キワモノ系かなと思っていたんですが、どうしてどうして、だれることなくエンタメできました。そりゃそうでしょう。監督がベテランの深作欣二なので駄作であるはずがない。原作 […]

  • 2020年10月26日
  • 2020年10月28日

ヘルタースケルター    沢尻エリカが綺麗なだけの映画

監督は蜷川実花。父親は泣く子も黙る灰皿投げで有名な演出家の蜷川幸雄。父親の遺伝子を引き継いでいるといえるんでしょうね。この人の「さくらん」を観ましたが、正直つまらなかった。ハデハデの色彩が目を引くだけで、ドラマの中身がない映画だと思いました。で、この […]

  • 2020年10月18日
  • 2020年10月20日

憎いあンちくしょう   浅丘ルリ子が素敵です

石原裕次郎の映画ですが、勿論裕ちゃんは裕ちゃんを演じてカッコいいんですが、この映画は浅丘ルリ子の魅力が全開したもの。 裕ちゃんがスターで浅丘は彼のマネージャー。恋人同士でもあるんですね。新聞で、誰か九州に居る恋人のためにお金を貯めて買ったジープを運転 […]

  • 2020年10月11日
  • 2020年11月2日

ひばりのおしゃれ狂女      楽しめるリベンジ時代劇

美空ひばりは、勿論日本歌謡史の女王。これは、これからも変わらない。そして女優としても、稀代の演技派とは言いませんが、プロだと思います。多くは,歌謡映画ですが、中には演技だけで勝負した作品もあります。「たけくらべ」とか「千姫と秀頼(中村錦之助共演)」と […]